背景
コラム

ラブホは1人でも泊まれるの?一人での利用方法と料金について

2023/03/17

ラブホは1人でも泊まれますか?

飲み会の帰りにうっかり終電を逃してしまったり、日帰り出張だったはずが急に宿泊する必要に迫られたとき、意外と便利なのがラブホテルです。実は、1人で泊まれるところが多く、急にホテルを探すことになったときにとても重宝します。中には1人では泊まれないラブホもあるので、ホームページや電話で直接問い合わせてみましょう。

ラブホには男性1人または女性1人でも泊まれますか?

1人で泊まれるラブホの場合、性別に関係なく1人で泊まれるケースがほとんどです。しかし、中には1人の宿泊がOKでも、男性1人の場合は宿泊を断られることがあるので、問い合わせるときに確認すると良いでしょう。

ラブホに1人で泊まる場合の料金は?

ラブホに1人で泊まる場合、1部屋分の料金がかかります。ラブホの中には1人用の料金が設定されている場合もあります。
料金についても、1人での宿泊が可能か問い合わせをする際に一緒に確認しておきましょう。

ラブホに1人で泊まるメリット

では、ラブホに1人で泊るとどんなメリットがあるのでしょうか?
実はビジネスホテルやシティホテルに泊まるよりもたくさんのメリットがあるのです。
ラブホに泊まるメリットをご紹介します。

ビジネスホテルのように利用できる

ラブホもビジネスホテルのように、予約してチェックインしてから部屋のキーを預けて食事に出かけたりすることが出来ます。中にはビジネスホテルと同じように、ズボンプレッサーやコードレスアイロンが用意されていたりするラブホもあるので、翌日からの仕事もパリッとした服装で向かうことができます。

女性なら、ホットカーラーやヘアアイロン、美顔器などが用意されているラブホもあるので、化粧のノリやヘアスタイルが決まらないなんてことはありません。このあたりはラブホでないと用意していないものでもあるので、ラブホに泊まったほうが良いとも言えます。

ホテルバリアンリゾートではアメニティはもちろん、貸出グッズも豊富に取り揃えています。ホテルプティバリ東新宿店では、全室にRifaのシャワーヘッドが完備され、美顔器や高級ドライヤーも無料で利用できるのでおすすめです。

広いベッドを1人で利用できる

1人でラブホに泊まる大きなメリットのひとつは、なんといっても2人用の広いベッドを1人で利用できることでしょう。

ビジネスホテルでシングルの部屋に宿泊すると、ベッドの大きさはセミダブル程度が一般的です。
ラブホでは、ダブルからキングサイズのベッドが用意されているので、広々としたベッドで疲れた体を休めることが出来ます。

大きいお風呂を1人で利用できる

2人で入れる大きさのお風呂を1人で悠々と利用できることもラブホの魅力のひとつです。

ゆったりと足を伸ばして肩まで浸かることができるバスタブは、1日の疲れを癒やすのにぴったりです。ジェットバスやミストサウナ、露天風呂がついているタイプの部屋も1人で利用することができる場合もあります。

一般的なビジネスホテルやシティホテルでは、ユニットバスの部屋が多いです。ラブホのように大きなお風呂がついている部屋は少ないので、お風呂を重視される方はラブホを選ぶのもおすすめです。

1人カラオケが楽しめる

部屋にカラオケの設備があるラブホを利用すれば、1人カラオケを楽しむことができます。

ラブホといえば、ビデオ・オン・デマンドなど、多彩なエンタメ設備が揃っているのが大きな特徴のひとつです。
中でも通信カラオケの設備が揃っているラブホなら、カラオケ好きには嬉しいポイントでしょう。たくさんの曲数があるカラオケを、音響の整った室内で誰に遠慮することなく思い切り楽しむことができます。1人で夜遅くまで歌ってそのまま眠ってしまうこともできるので、カラオケ好きにとっては見逃せないメリットだと言えるでしょう。

ホテルバリアンリゾートには、1人でも利用できる無料のカラオケルームがあるホテルがたくさんあります。バリリゾート感のある豪華なカラオケルームで、思う存分1人カラオケを楽しんでください!

モニターが大きい

ラブホというと、60インチ以上の大きなモニターを部屋に備えているところが多いのも特徴のひとつです。音響設備も5.1サラウンドなどがあることが多く、ビデオ・オン・デマンドで最近の映画を楽しめるため、シアタールーム感覚で利用することが出来ます。

大きな画面で何本でも好きなだけ映画が楽しめるのは、映画好きにとってはたまらないメリットのひとつです。ホテルバリアンリゾートでは、全部屋にブルーレイ・DVDプレイヤーが設置されています。お気に入りのDVDを持ち込んで推しのライブを鑑賞して、人目を気にせず盛り上がるのもおすすめです!

ビジネスホテルにはない無料アメニティが豊富

ビジネスホテルなどと比べて、ラブホはアメニティの品揃えが圧倒的に豊富です。部屋に置いてあるものだけでも、男女ともに使える基礎化粧品や入浴剤、ヘアケア用品など多数あります。

ホテルバリアンリゾートには部屋以外にも、全店のロビーにアメニティバイキングのコーナーがあります。部屋にあるものとは別に、ヘアケア用品や入浴剤、スマホクリーナーや除菌シートといった衛生用品、季節に合わせた限定品なども揃っています。

また、普段家で使っているシャンプーやコンディショナーが選べるので、突然宿泊することになっても困ることはありません。快適なホテルステイを楽しんでいただけます。

急な宿泊でも安心できるWi-Fiや無料の貸出グッズが完備

仕事で突然宿泊することになった場合に、あると便利な無料のWi-Fiやスマホの充電器がラブホには完備されています。ビジネスホテルでは設備が乏しいところもあり、Wi-Fiがなくて困ることもあります。

ホテルバリアンリゾートでは、どのお部屋もWi-Fiを完備しており、充電器はもちろん、夜食などを温めるのに使える電子レンジなどの設備も各部屋に設置されているため、お部屋で仕事をするときも捗ります。

美顔器などの美容グッズも貸し出しているので、深夜まで仕事をして疲れた肌をいたわることもできます。

ラブホに1人で泊まるデメリット

もちろんラブホに1人で泊まるデメリットもあります。
どんなことがあるのか、例を上げてみましょう。

1人での宿泊だと料金が高い

ラブホに1人で宿泊する場合、もともと2人用の部屋を利用するこため、1人あたりの料金ではなく室料での計算になり、どうしても宿泊費が高くなりがちです。ただ、豊富な設備やアメニティが利用できることを考えると、コストパフォーマンスが良いとも言えますね。

フロントでカップルと鉢合わせになると気まずい

やはり、ラブホはカップルでの利用が多いため、フロントでカップルと鉢合わせになることもあります。しかし、1人で泊まることも問題ないため、提供されるホスピタリティも同じであることや、どのホテルを利用しても同様のことは起きると考えると、あまり深く考えないで利用するのがいいとも言えるでしょう。

ホテルバリアンリゾートは、カップルのお客様はもちろん、女子会や推し会、ビジネス・観光利用のお客様もいらっしゃいます。皆様にゆったりとお待ちいただけるロビーがあるので、気まずさを感じずにお過ごしいただけます!

1人で泊まる場合の注意点

では、ラブホに1人で泊まるときに気をつける点はあるでしょうか。
気をつけるべき項目を挙げてみましょう。

チェックインの前に1人で宿泊可能か確認する

チェックインする際は、1人で利用するということをフロントで伝えましょう。

ホテルによっては1人での宿泊を受け付けていない場合があるため、あらかじめホームページや電話で問い合わせをするようにしましょう。

宿泊料金の設定時間が他のホテルとは違う場合がある

ラブホの場合、チェックアウトの時間がプランによって変わるケースがあります。
決められたチェックアウトの時間を過ぎてしまうと、追加料金が発生するため、きちんとフロントで確認して、その時間にチェックアウトする必要があります。

まとめ

ビジネスホテルやシティホテルに比べると、アメニティなどのサービスが圧倒的に充実しているのがラブホのいいところです。また、部屋の設備も他のホテルでは考えられないようなものが揃っています。

1人で利用するときも同じサービスを受けられるため、快適なホテルステイを楽しむことが出来ます。ラブホテルも、突然宿泊をしなければならなくなったときや、ひとりの時間を過ごしたいときの選択肢に入りますね。

カップルだけでなく1人でも、ぜひホテルバリアンリゾートを利用してみてくださいね。

背景

女子会プラン

バリアンといえば女子会として人気のホテル!友達の誕生日や記念日・お祝い、推し会にもピッタリの女子会プランをご用意♪

背景

推し会プラン

ホテルバリアングループは、「推し」たい皆様を全力で応援します!誰にも邪魔されない豪華なお部屋で大声で盛り上がろう!